たわ言

意外と多い!高齢者のラブホ利用

高齢者のラブホ利用は多い!

還暦を超えた、いわゆる『高齢者』の方々のラブホ利用が意外と多いそうです。
平日昼間だと、全体のラブホ利用の約20%から30%が60歳を超えた高齢者利用だというホテルも多いそうです。

年金支給日のラブホ利用率は高い

年金支給日となる、偶数月の15日(2月15日、4月15日、6月15日、8月15日、10月15日、12月15日)は、より高齢者のラブホ利用率が高く、ラブホによっては混雑するそうです。

こうやって書いていると、『年金でラブホに行くなんて!』という声が上がって来そうですが、私個人としては、なんかとてもホッコリ、微笑ましい気持ちになります(*^^*)

昨今、年金についてはいろいろと議論されていて、昔は若者10人で1人のお年寄りを『養えば』良かったのが、今は3人に1人、2人に1人とも言われていて、その上、今の若者には年金支給すら危ういとさえ言われています。
そんな大切なお金を自分の快楽に使うなんてという声、上がってしまいそうですが、それはそれ、コレはコレってところでしょうか。

とにかく、年金支給日に高齢者でラブホが混雑するなんて、なんて平和な日本なのでしょうね。
あるラブホスタッフは、『まるで老人ホームのようだ』とさえ言っているのをSNSで拝見したこともあります^_^

平日のフリータイム利用者が多い

ラブホを利用している還暦を超えた高齢者カップルは、既に現役を引退した方が多いようで、ラブホの利用は平日のフリータイムが多いそうです。

しかも、結構早い時間からの利用だそうで、

農家の方が朝仕事を終えてから

同居の家族が仕事や学校に出かけた後

など、大体9時前後のチェックインで夕方5時頃までのカップルが多いそうです。

朝から夕方まで・・・、仲良くスキンシップ。。。
良いですねぇ~!

それなりの長い時間、異性と濃密な時間を過ごすという事はきっと、若さの秘訣になっているのでしょうね。

でも、それなりの年齢まで、セックスが出来るパートナーがいるという事が何より羨ましく思います。

合体より愛あるスキンシップ

一説によると、男性は高齢になっても、セックス(合体して射精)という性行為の欲が衰えない人が多いそうですが、女性は年齢とともに、セックスよりも、スキンシップへの欲が強くなっていくそうです。

パートナーと愛し合って抱き合って、キスやペッティングを楽しむ・・・。
時には抱擁したりされたりしながら会話を楽しむ・・・。

クリニングスやフェラチオなど、オーラルセックスメインで愛情表現を楽しむカップルも多いのだとか。

年齢とともに、男性は勃起能力が弱くなって勃たなくなったり、女性は閉経後、次第に濡れなくなったりと身体の変化にもオーラルセックスは素敵な愛情表現になるかと思います。

そんなエッチ、まだアラフォーですが、私達も大好きです。
愛を感じるスキンシップって、たまらなく幸せな気持ちになります。

もちろんまだ、勃つし、濡れます^^;

だけど、ラブホに行って、6,7時間の長目のフリータイムでも、合体は一回もしないで、スキンシップだけという日も少なからずあります。
もちろん、スキンシップ中にお互いイッていますけどね。。。

死ぬまでスキンシップが出来たら・・・

人間は一体、いつまでセックス、スキンシップが可能なのでしょうか。

合体だけでなく、フェラチオやクリニングスなどオーラルセックスまで含めたら、気持ち次第で何歳まででも出来るのかな。

今後、日本人は100歳時代を迎えると言われています。
人生100年と考えると、健康でありさえすれば、少なくても80歳くらいまではきっと、愛情がある交わりが出来るのかも知れません。

年齢とともにお互い外見が変わっても、お互いを労りながら愛情表現をしあえたら、こんな幸せな事は無いですよね。

アラフォー、アラフィフなんて、まだ人生の『前半』ってコトですからそんな年齢で『この頃性欲が・・・』ナンテ言っていられません!

いや、私は死ぬまでスキンシップが出来る身体でありたいし、パートナーと好き合っていたい!
お互い、勃たなくても、濡れなくても、くっつきながら話ししたり、キスしたり、ちょっとエッチしたり、いつまでもそんな男女関係でありたいな。

ちょっと年寄り臭くなるけど(笑)、それがお互いの若さの秘訣になるだろうし、長生きす活力源にもなると思うしね。
でもそれには、やっぱり死ぬまで健康でいること!

よく言う、『健康年齢』って言うものですね。

死ぬまでパートナーとスキンシップがしたいなら、いつまでも健康でいることが基本中の基本となるワケです!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。